スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年賀状の友人

昨日、年賀状だけのお付き合いになっていた方から15年ぶりに電話をもらった。

子どもが3歳のときに日赤病院に入院していた。その時にたまたま同室になった方だ。


それぞれの子どもが退院し、数回会っただけで、それからは年賀状だけのやりとりになっていた。

電話をもらって、すぐにお茶でもとお会いすることになり、15年ぶりの再会となった。

久しぶりに会ったが、子どものことなどで話が盛り上がり、あっという間に時間が過ぎてしまった。

なぜ突然に電話を?と疑問に思い尋ねると、「今年は会いたい人に逢う年にしようと思って」とのこと。

『覚えてないかもしれないけど、入院した時に、「そのベッドに入院した子どもは、みんな元気になって退院していったよ。だから、大丈夫だよ」って言ってくれたでしょ、その言葉にどんなに救われたか』って。


お互いの子どもの病気は深刻なものだったのだが、二人とも何とか退院することができて、それぞれに大きくなった。

自分自身が言った言葉は全然覚えてないが、自分が言った言葉が人に役にたてたことは何より嬉しいなと思った一日だった。



スポンサーサイト
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。