スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサーサイト

ほほ笑の森がテレビで取り上げられます!

番 組: 毎日放送 (近畿地方) 『映像’13』 終の棲家にて
日 時: 9月15日(日) 25:00~26:00(9/16 1:00 am-)

毎日放送 映像'13


番組解説:
あなたは人生最期の日々をどこでどう過ごしたいですか?または家族や知人をどう見送りたいですか?
多くの人は住み慣れた自宅で自分らしく過ごしたい、見送りたいと思うのではないでしょうか。ところが実際には8割を超える人が病院で亡くなっています。
家族構成の変化や単身世帯の増加など社会構造は変化し、自宅での最期は難しいものとなりました。これから迎える超高齢化社会。終末期を迎えた高齢の患者が、病院でもなく自宅でもないひとつ屋根の下で暮らす「ホームホスピス」が少しずつ広がっています。穏やかな日常生活の中で迎える静かな最期――終の棲家(ついのすみか)としてホームホスピスを選んだ人たちの日々から現代の「生」と「死」の姿を考えます。

お時間のある方や当施設「ほほ笑の森」の様子をお知りになりたい方は、ぜひご覧ください。

とりあえずやってみる

今日買い物途中で久しぶりに子どもの同級生だったお母さんにお会いした。
お仕事は看護師さんで同じ場所でアルバイトをされているとのこと。
「今のところはほぼボランティアぐらいのお給料しかもらっていないし、病院はブランクがあるし・・・」と
おっしゃられるので、「今後在宅が増えていくでしょうから、訪問看護もいいかもしれませんね」とお話すると、
「訪問看護は難しい」とのこと。

あなたは今は何を?と聞かれたので、「とりあえずホームホスピスをやってみました」と答えました。

「私はいろんな経験をしているからわかる、訪問看護もホスピスも大変や」と一喝。

なんだかジワ~と嫌な気分。
大変かもしれないけど、それにも勝る素敵な出会いや思いをプレゼントしていただくことがたくさんある。

私は頭で考えるのが苦手、とりあえずやってみる、走りながら考えるを実践しています。

講演会

5月26日

中村仁一先生

“自然死のすすめ”

という講演会があります。


是非お越しください。

ほほ笑みの森



リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。